施術師として思うこと その3

StartFragment

続きです。

私が他分野に求めるもの・・・

それは、

「責任感」

です。

もちろんこれは他分野の話だけでなく

整体・カイロプラクティックの分野もそうですし

無論、自分自身にも言えることです。

今回のケースもそうですが、

まず医師(整形外科)は

画像診断が主体になり過ぎて

患者に触れることもなく

現状の判断をする。

そこに手術の必要性が

あるかないか?

それを的確に判断するのが

外科の役割ですから

割り切って考えるなら

それもありだと思う。

いやむしろそれこそが

真の整形外科の姿だと私は思う。

実際に整形外科分野では

腰痛患者の7割~8割が

思い込みによるものという

話がここ1~2年で出ている。

結局、画像診断できないものは

患者の思い込みだと言ってしまったのだ。

そこまで言うなら

画像診断ができないもしくはできたとしても

手術や外科的処置(注射や薬の処方)の

提案をしないものに手を出すのは

「無責任」

というものだ。

しかもその先は

自分で診る訳でもないのに

「リハビリ」

と言って通わせる。

そもそもこの

「リハビリ」

という言葉の使い方自体がおかしい。

「リハビリテーション」とは

あくまで

「機能回復」を目的としたものであり

本来の意味は「治療」ではない。

手術や病気によって

本来の機能が低下もしくは

失われてしまった場合

その機能を回復させるのが

「リハビリテーション」だ。

先日もTVに

リハビリテーション専門病院の

理事をやっている

リハビリテーション専門医

という方が出演されていた。↓

初台リハビリテーション病院

http://www.hatsudai-reha.or.jp/

その病院にいる患者さんの

8割強が脳梗塞などで

麻痺が起きてしまった方や

術後の機能回復を必要とする

回復期の患者さん方だそうだ。

そこではひとりの患者さんに

数人がチームとなって対応する。

医師・理学療法士・作業療法士

看護師・管理栄養士 etc・・・

そしてそれぞれが対等の立場で

それぞれの分野から意見を出し合って

患者さんにとって何が必要かを判断する。

だからこそ1人1人が

「責任」をもって仕事をしている。

患者さんの筋肉の状態も確認せず

人任せの指示を出す医師も

医師から指示があったからと

自分で確認もしないまま施術に入り

結果を確認する気もないのに

あれこれ運動の指導をする

運動療法士も

「無責任」

だとしか思えない。

長くなっておりますが

もう少しお付き合いください。

次回に続きます。

EndFragment

特集記事