流行らせたい人がいる・・・その2

StartFragment

さて前回の続き。

もし私が筋膜ストレッチとやらを

紹介するとしたら・・・

まず筋膜とは何ぞや

からスタートでしょう。

まぁこれはさすがにどんなとこでも

紹介くらいはしてるでしょう。

簡単に言うならば

全身を覆う膜状の組織。

筋膜は

皮下の浅い部分にあり

全身を覆う「浅筋膜」と

筋肉を覆う「深筋膜」とがあり、

さらに

筋肉の表層を覆うもの 筋外膜(筋上膜)」

筋繊維の束を覆うもの 筋周膜

筋繊維を覆うもの 筋内膜

と、大きな組織から

その基盤になる組織まで

すべてを覆っています。

ではなぜこの組織に注目するかというと

基本、ストレッチは

筋肉を対象にして行います。

しかしその表面を覆う

筋膜が疲労や怪我などによって

捻じれたり縮んだりして

固まってしまう(癒着や拘縮)と

筋肉の伸縮を阻害してしまいます。

そこで、筋膜を正常化することで

筋肉の伸縮性を取り戻そうということなのです。

まぁ、もともとの筋膜リリースという技術は

痛みを感じている場所と、原因は違う場所にあり

その原因と考えるのが筋膜の拘縮や癒着

(トリガーポイント)で、それを開放することで

痛みを改善するというもの。

なので、ストレッチとはちょっと違うんですが

そこは目をつぶりましょう(笑)

で、なんとなく筋膜についてわかったところで

いよいよストレッチです。

すでに面倒になっている人が

いないか心配ですが、

まだまだ説明が足りません(笑)

お次は筋肉自体です。

やはり長くなってしまったので

続きは次回に。

EndFragment

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
口コミリピート率8割以上の信頼感!身体の悩み、痛みなどの改善サポートはプラスアールにお任せください。
〒206-0011 東京都多摩市 関戸4-10-9 聖ビル2F-B
  • Wix Facebook page
  • Twitter Classic
  • Google+ App Icon

© 2020 by Plus R 聖蹟桜ヶ丘の整体院 プラスアール 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now