北斎美術館

January 9, 2017

昨年暮れのお話になりますが、

 

東京は墨田区、両国駅

徒歩10分ほどの場所に

2016年11月22日にオープンしたばかりの

 

「すみだ北斎美術館」

 

に行ってまいりました。

 

 

この「すみだ北斎美術館」は、

 

世界的な画家として評価の高い

 

葛飾北斎が宝暦10年(1760年)に

本所割下水付近(現在の墨田区亀沢付近)

で生まれ、90年の生涯のほとんどを

墨田区内で過ごしたことから、

 

墨田区では、この郷土の偉大な

芸術家である北斎を区民の誇りとして

永く顕彰するとともに、地域の産業や

観光へも寄与する地域活性化の拠点として、

「すみだ 北斎美術館」を開設したそうです。

 

 

 

 

 

訪問時は常設展と開館記念展

「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」

(2017年1月15日まで)の展示でした。

 

誰もが知っている代表作から

幼いころに描いた作品、

等身大模型を使ったアトリエ再現まで、

かなり内容の濃い展示になっていました。

 

 

 

 

 

 

1800年前後、

今から約200年も前の物でありながら

少しも古臭さを感じない、

むしろ新しささえ感じる北斎の作品たちは

観ていて飽きることがありませんでした。

 

北斎に興味のある方も

そうでない方も、一見の価値ありと思う

「すみだ北斎美術館」でした。

Please reload

特集記事

ストレッチの極意

October 8, 2018

1/10
Please reload

最新記事

May 25, 2020