ストレッチの効果 1

StartFragment

皆さん身体は柔らかいほうですか?

それとも 「前屈って何?」 と言ってしまうくらい硬いほうですか?

後者に当てはまる方は、

得てしてストレッチは苦手・嫌いと 言うんじゃないでしょうか?

そして、ストレッチはしてる(してみた)けど

「柔らかくならない」

と、言っていませんか?

では、そもそ身体の柔軟性は 何で人によって差があるのでしょうか?

もしていなくても昔から柔らかかった、 硬かったという人もいますから

一概には言えませんが…

基本的には、幼少期の生活環境 (運動や食事など)と、成長具合 (身長や体重)によって左右されることが多いと思います。

筋肉と骨格の成長速度のつり合いが 取れていて、ストレッチなどで柔軟性を 確保する努力をしていると、 関節可動域が広がり、筋肉の柔軟性も高まると思われます。

つり合いが取れなくなる例としては、

1、極端な運動負荷(トレーニングなど)で  筋肉が発達し過ぎるのは✖

2、急激な骨格成長により身長が伸びるのも  筋肉とのつり合いが取れなくなりがち

3、骨折や筋損傷などによって成長が   阻害されてしまった場合

こういう状況を避けて (2番は避けようと思っても無理ですが・・・)

程よく筋肉を動かしてストレッチをして 良い状態を作れた人は

比較的柔軟性が高いと思われます。

なんとなく柔軟性の個人差について 語ったところで、 本題のストレッチの効果について語っていきたいと思いますが

それはまた次回に。

EndFragment

特集記事