首と枕 その4

前回からの続きです。 そもそも枕の役割は、仰向けに寝たときにおこる、

頭・首・肩(肩甲)この3点の高さの差をうめることです。

ですから頸部の湾曲が大きくなればその差は大きくなり、

逆に湾曲が小さくなればその差も小さくなります。

個人差(好み)はあると思いますが、基本的には

湾曲の大きな人には高めの枕、

小さな人には低めの枕

が合うということになるでしょう。 ただし高さが合っていても先ほどの”3点の差”を うまくうめることができなければだめです。

頭だけが持ち上げられていたり、首が持ち上がりすぎていると、

不快感や翌朝のトラブルにつながってしまいます。

最近はオーダーメイドの枕もあるようですが、

それでもなかなか良い枕に出会えない人も多いようです。

オーダーの場合、当然頭部や頸部の測定をし作成するわけですが、

測定時の環境と自宅の環境の差で合わなくなってしまいます。

柔らかいマットレスor敷き布団→身体が沈みやすいぶん、枕は高く感じる。 

硬めのマットレスor敷き布団→身体が沈まないぶん、枕は低く感じる。

測定時と自宅環境の差をできるだけ小さくすれば、

こういう事態は避けられるかもしれませんが、なかなか難しいもの。

そこで、どうしても合う枕が見つからないという

ストレートネックの方にこちらをオススメします。

その名も”タオル de 枕”!!

まず、どこにでもありそうなバスタオル(厚みがありすぎるタイプはNG)

を用意します。

それをまず半分にたたみます。

さらに半分にたたみます。

片方を小さな折幅(この幅があなたの首の長さに合うように)で折っていき、

最後に反対側を一折。

”タオル de 枕”完成!

この枕の良いところは、自分の首に合わせて

サイズがいつでも変えられて、何度でも作り直せるということです。

首の部分の高さも折る回数の増減で調節できます。

これを使えるようになると、旅行先などでも枕がかわって

寝られないなんていうことも少なくなるんじゃないでしょうか。

枕選びに困っている方、試してみてください。

長々と続いてきた枕の話はここでひと段落です。

次回以降もお付き合いください。

特集記事