首と枕

今回は、悩んでいる人も多いと思う「枕」の話です。

この「枕」というもの。

ほとんどの方が使っていると思いますが、

なかなか合うものが見つからないという方も多いようで

形や素材をいろいろ試してみたり、オーダーメイドしたりと様々です。

そんな、枕に悩んでいる人に多いのが

ストレートネック」と呼ばれる首の方。

何それ?という人もいると思いますからちょっと解説。

そもそも人間の背骨には、 生理的湾曲というS字のカーブがあります。

頚椎(首)では前、胸椎(胸)では後ろへ、

腰椎(腰)ではまた前、さらにその下の仙骨でまた後ろ

というように、前後へカーブする、

これが生理的湾曲というものです。

この湾曲、何をしてくれているかというと、

背骨や腰などにかかる圧迫(頭の重さなどの重力)を分散させるという、 直立で生活する「人間」なる生き物には なくてはならない仕事をしているのです。

さてそこで、「ストレートネック」とは何か?

なんとなく察しのついた方もいるんじゃないでしょうか?

本来あるべき頚椎の前への湾曲(前湾)が足らない、

もしくはほとんど無い状態(角度30度以下)

それが「ストレートネック」なのです。

なぜそういう状態になってしまうのか?

次回はその原因を探ります。

特集記事