運動は良いことばかり・・?

以前にも運動の事は書いていますが、今回はちょっと付けたしを。

最近(以前からありましたが特にこのところ多い気がします。)、

よく患者さんにお話するのが、

運動により発生するリスクのこと。

運動というと ----------------------------------------------------------------- ・身体に良いもの。

・筋肉が増えて代謝は上がり、ダイエットにもなる。

・骨が丈夫になったり、場合によっては骨密度の回復につながる事もある。

・筋肉や周辺組織の柔軟性が上がる。 ・血液のそのものの状態が良くなる。

・酸素供給量が上がって疲れにくくなる。

----------------------------------------------------------------- などなど、良いことだらけ!

…と思ってる人、多いんじゃないでしょうか?

確かに上記のような事は、間違ってないし事実です。

しかし、運動には必ず 疲れというリスク があるということを忘れてはいけません。

運動量を上げれば上げるほど、そのリスクは高まります

疲れを放置すれば、蓄積が生まれ、

それが大きくなれば必ず身体のトラブルにつながります。