運動って必要? 最終回

長々と続けてきました 「運動は必要なのか?」も今回が最終回となりました。 いきなりですが結論から・・・ 運動は間違いなく「必要」です! 大切なのは自分に「適したもの」を選ぶことです。

そのためには、自分の「運動経験」や、そこからくる

身体のバランス」を把握しなければなりません。

その上で、現在の「目的」にあっているかを考え、

その運動の「質や量」をコントロールし、「続けていく」ことです。

ですから運動をしていない方が、突然思い立って 「明日から○時間歩こう!」とか、「×km走ろう!」は、 身体への負担が大きくなってしまうので良くないです。  

運動を始めるときに注意してほしい3つのポイントをまとめました。 -------------------------------------- ▶︎「量より質」が大事! -------------------------------------- 仮に運動経験があったとしても、 「昔はあれだけやってたんだから、これくらいは大丈夫だろう。」 と運動量を考えずに始めるのもダメ。  

-------------------------------------------------------------- ▶︎いちから始める位に少ない量から始める! -------------------------------------------------------------- 「今は××が流行ってるから、それをやろう!」 これも、過去の運動経験とマッチしているか考えないとダメです。  

--------------------------------------------------- ▶︎「目的」にあっているかも考える! ---------------------------------------------------

運動をしている方も、

「今日はちょっと長め(多め)にやろうかな。」

「たまには違うこともやってみよう。」 と、いつもやっていることでも突然量を増やしたり、 普段やらないことをやってみたりは危険です。 やり続けているものでも、痛めることがあるわけですから。 急な変化は身体がついてきません。 と、いうように運動をするには 気をつけなければならないことが山ほどあります。

どうでしょう?

これだけ面倒な事を言われたら、私がよく訊かれるセリフ

「先生、運動はしたほうが良いの?しないほうが良いの?」 という話が多くなるのも頷けるでしょう。

・・・・・。

しかしどんなに面倒でも、自分にとって適度な質と量を見極められれば、 身体にとって必要な代謝が得られ、体調や体重の管理がし易くなりますし、 骨密度の維持などにも役立ちます。

自分の身体ですから出来るだけ良い常態で保っていけるよう 皆さんも頑張って考えてみてください。

運動に対して面倒くさい院長でした。

タグ:

特集記事