運動って必要? その1

今回は、「運動は必要なのか?!

ということについて書いていきたいと思います。

なぜこんなことを書くかというと、患者さんとの会話のなかで 先生、運動はしたほうが良いの?しないほうが良いの?

という質問をよく受けることがあるからです。 ではなぜ、そんなことになるかと言うと、 それは・・・・・・・・、

私が運動に対して、面倒なことをいちいち言うからだァァァァァッ!! 失礼・・・。

さて、気を取り直して冷静に・・・。

患者さんからよくこんな相談を受けます。 「運動不足なんだけど、やっぱり歩いたりしたほうが良いのかな?」

「最近流行の○○とか××ってどうなの?やってみようと思ってるんだけど。」

「ジムでトレーニングしてるから運動不足ではないのに、どうも腰の調子が良くない。」

「運動不足解消に水泳を始めたんだけど、逆に肩がこる気がするんだけど・・・。」

「テニス(またはゴルフ)中に突然腰が痛くなった!」 挙げていけばキリがないのですが、

大まかにはこんな感じのものが多いかと思く、

こういった悩みを持つ方は2つのグループに分けられます。 運動をしていない人(これから運動を始めようという人)』 と、

すでに運動をしている人 です。 運動をしていない人』からすると、

不調の原因のひとつに運動不足があると言われたり、

テレビや雑誌で運動の効果が取り上げられてるものを見たりして、

「やっぱり運動したほうが良いんだな。」と思うわけですが、

その一方で、

すでに運動している人』の中には

運動しているのに身体の不調を訴えたり、

運動をすることでトラブルに見舞われたりする人がいます。 となると、何をどうすればいいのか悩みますよね。

という訳で、次回から「運動の選び方」について話をします。 乞うご期待!!

タグ:

特集記事