通院する必要性とその意味

ここ数年、テレビや雑誌などで骨盤をはじめとする 骨格の歪みについてとりあげていることが多く、

皆さんの【骨】に対する関心は以前に比べてかなり強くなっているようです。

その為、我々の分野が注目されることも多々あり、

整体やカイロの治療院に対する皆さんの期待も強くなっているように感じます。

しかしその期待に答えられる施術を行っている施術者が

どれだけいるのかは、やや疑問に思えてしまうのです。 なぜなら、そういう流れに乗って「歪み」という言葉を使い、

患者さんを繰り返し通わせることを第一に考えているようなところが多いから。

歪み】という言葉は私も使いますが、それ自体はすごくあいまいなもの。

大事なのは

どこがどう歪んでいて、その原因は何なのか?

それをどうやって正しく矯正するのか? それによってどういう変化や改善があるのか

患者さん方に伝えるのが我々施術者の使命です。

例えば、よく聞くものとしては

「足の長さが違っていますね。骨盤が歪んでいるからです。

 腰痛はこれが原因。骨盤の歪みを矯正していきましょう」

一見すごく丁寧な説明に思えますよね?しかし実際はどうでしょうか。

<