疑惑の水着

今回は、水泳に関するネタを一つ。

日本勢、期待されていた人が予選落ちだったり、

若い世代がメダルを採ったりなど波乱ありつつも、

4年に一度のスポーツ祭をみんな健闘していますね。

なかでも一番日本の期待に直球で答えた水泳の

北島康介選手は見事でした。

彼の精神力と努力は、たいしたものです。

さて、その水泳競技に関することで、

ちょっと気になることがありました。

そう、それはオリンピック開始前から

かなり話題になっていた水泳の水着問題

S社のレーザーレーサーという水着を着ると、

タイムが格段に良くなるという実例が話題になり

日本人選手もそれを着用できるようにと各メーカーと話し合いがもたれ

結局OKになってしまった、というやつです。

その直後の日本国内の試合では、着用したほとんどの選手が

自己新記録を更新するという異例の結果に。

この水着、他メーカーと比べて 水の抵抗を抑えることで

タイムを出すという風に言われていますが本当にそれだけ?

着るのにかなりの時間を要するというこの水着。

着用後にもかなりの締め付け感があると選手は語っていました。

筋肉を締め付けるといえば、今ブームになっている

加圧トレーニングみたいな感じなのでしょうか?

しかしあれは締め付けによって血流量を下げ、

筋肉に低酸素状態を作り、少量の運動でトレーニング効果を上げるというもの。

泳ぎながら低酸素状態になってしまっては、ただ疲れやすくなるだけですね。

ではなぜタイムが上がるのか?

わたしの考えだと、おそらく[筋肉を締め付けるポイント]を 考えて作られているのではないかと思うんですね。

全体を締め付けつつ、筋伸縮をサポートできる様なところを、

もう一段階キツく締め付ければ、伸縮を起こした筋肉の

ポンプ作用を引き上げることが可能なんじゃないかなと。

ポンプ作用を引き上げることができるのであれば、

筋伸縮によるパワーが上がり、酸素供給量も上がるため、疲れにくくなります。

そうなればタイムが上がるのも納得です。

他メーカーが水着の【素材】をいくら頑張って研究しても、

ダメな理由もわかるというもの。

この水着は違う競技である自転車の選手も身に付けて

タイムが上がったという話もしていましたし

間違いないと思うのですが、実際はどうなんでしょうか・・??

ホントのところは企業秘密で謎です。

もしそうなら、薬ではないものの、

水着による筋肉のドーピングになるのでは?

とわたし個人としては感じてしまいました。

記録が上がるのは素晴らしいことですが、水着によって ここまで大差が出てしまうのはある意味不公平かな~と思ったり。。。

ちょっとそんなことが気になった

オリンピックイヤーの今日この頃でした。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
口コミリピート率8割以上の信頼感!身体の悩み、痛みなどの改善サポートはプラスアールにお任せください。
〒206-0011 東京都多摩市 関戸4-10-9 聖ビル2F-B
  • Wix Facebook page
  • Twitter Classic
  • Google+ App Icon

© 2020 by Plus R 聖蹟桜ヶ丘の整体院 プラスアール 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now