ワクチン信仰?



現在日本政府発表によると、


2021年7月3日の時点で2回目の接種を完了した方は、


全体の9.58%(一回目接種率は19.85%)だそうです。




世間ではワクチンワクチンと


”壊れたレコード?”さんが言うせいで、


まるでワクチンさえ打てばもう安心のような


雰囲気さえ感じてしまう状況ですが、


ワクチンはあくまでも、発症時の重症化予防がメインの目的であり


感染する・させるを完全に防ぐものではありません。



もちろん、感染率を下げる効果はあるようですが、


ここにきて変異株による影響か、ワクチン接種率50%を超えている国で


再び感染が広まっているという事実、


そして、2回のワクチン接種が終わっている

アスリートから陽性反応が出るなど


まだまだワクチンだけに頼れる状況になく、


マスクが手放せない生活が続くのは明らかです。



こうなると、期待すべきは効果の高い””です。


特に無症状・軽症のうちに効果のあるものが出てくれば

安心度はかなり上がってくると思います。



先日も中外製薬からコロナウイルスの治療薬について

厚生労働省に承認申請が行われたそうです。



いずれにしても、この状況を打破する一手が

早く出てくることを祈るばかりです。



そして再び何も気にせず外を出歩ける日々が


戻ってくることを信じて頑張りましょう。

特集記事