September 18, 2017

最近本屋さんに行くと

あるカテゴリーの本が

ずらりと並んでいるのを見かけます。

それは健康を手に入れるための指南書、

健康本

ある本は医師が

そしてある本はアスリートが

様々な分野の方々が

それぞれの考えや研究をもとに

食べ物や運動、ストレッチなど

健康に良いと思われる物や事...

July 10, 2017

前回の続き。

施術はもちろん、

患者さんに何かアドバイスした時、

それによって起きた変化を

確認するからこそ、

次の施術にそれを

活かしていけるのだ。

それが良い結果であっても

悪い結果であってもだ。

(悪い結果はない方が良いですけど・・)

その結果を受け止めることこそ

「責任感」

...

July 3, 2017

続きです。

私が他分野に求めるもの・・・

それは、

「責任感」

です。

もちろんこれは他分野の話だけでなく

整体・カイロプラクティックの分野もそうですし

無論、自分自身にも言えることです。

今回のケースもそうですが、

まず医師(整形外科)は

画像診断が主体になり過ぎて

患者に触れる...

June 26, 2017

前回の続きです。

リハビリ受診後

再び来院された時、

その内容を聞いて

私はとても落胆しました。

その内容とは、

受付を済ませるとほどなく看護師さん?に

リハビリルームへ案内されたそうです。

すると、何の説明もないまま

機械による牽引が始まり、

それが終わると今度は低周波(電気)...

June 19, 2017

自分の範疇からはみ出すものは診ない。

それが私の施術師としてのモットー。

はみ出す可能性がある場合は

その確認を適切な分野で

してもらうようにしている。

一番多いのは

整形外科での画像診断。

こればかりは医師の力が必要で

あちらがスペシャリストだからだ。

先日とある患者さんが

腰...

Please reload

特集記事