運動でうまくいく人いかない人 最終回のつもりでした(笑)

StartFragment 続きです。 さて、 運動経験のある人とない人、 運動の際、それぞれが 気をつけるべきことについて 書いてきました。 今回は、 運動をしている、していた、 経験がない、しようと思っている すべての人を対象とする 運動をするなら 必ず考えてほしいこと 気をつけてほしいことを書きます。 まずは その運動は何を目的としているのか? ということ。 運動不足の解消? 体重を減らすため? 体力をつけるため? 筋肉を太らせるため? 運動には、人それぞれ、 様々な理由があるはずです。 目的がなければ、 自分に適した運動を選ぶことはできません。 当然ですが、それぞれの理由に適した 運動をすることは大前提です。 そして、運動経験の有る無しをふまえ 質と量のコントロールをしましょう。 大まかに分類すると 運動不足の解消なら、 最低限の筋代謝が維持できるレベル。 ↓ 一定距離、運動を意識して歩く・走る。 以前やっていた運動で使っていたであろう筋肉を その動きを真似て動かす。etc… (週に1~3日) 今よりも体力をつけたり、 ダイエットに運動を取り入れるなら 今の体力から少しはみ出すくらいの運動量で 筋代謝の向上を図る。 ↓ 一定距離、運動を意識して歩く・走る。 以前やっていた運動を再開する。 自分の筋肉バランスをふまえて新しい運動を始める。 etc…(週2~5日 やりすぎ注意) 筋肉を太らせたいなら 徐々に運動負荷を上げ、常に自分の体力を はみ出すよう筋肉のトレーニングをする。 ↓ ジムでのトレーニング etc… 場合によってプロテインやHMBなどの摂取 (週3~6日 怪我

運動でうまくいく人いかない人 その3

StartFragment 前回は運動経験のある人を 対象に話をしてきました。 今回は 運動経験がない、あるいは あるけど同じペースで一定期間 (週3日以上なら1ヶ月以上 週1~2日なら3ヶ月以上) 続けたことがない人を対象に 話をして行きたいと思います。 (運動をした経験がなくても 肉体労働系のアルバイトやお仕事で 身体を日々使っていた・使っている方、 通勤や通学で毎日のように ある程度の距離を歩いたり 自転車に乗ったりしていた人も 運動経験ありとさせていただきます。) さて、 運動経験がない人の身体は どういう状態でしょうか? まず、基本的に筋肉に極端な左右差や、 局所的発達がほぼないということです。 簡単に言ってしまえば バランスが崩れていないということになります。 「え、じゃあ運動してたほうが良くないじゃん」 と思いませんでしたか? たしかに 単純な筋肉のバランスだけで見てしまうと 運動の内容にもよりますが こと利き手利き脚が強く関連してくる スポーツをやっていた方は 非常にアンバランスであることが大半です。 ただしその筋肉をしっかり動かしていれば そのアンバランスも大きな問題にはなりません。 さらに運動で動かしたことのある筋肉は トレーニングされているため基礎代謝が高く 運動を続けることで体調管理や 老化防止にも一役かってくれます。 ということは 運動経験のない人は 身体のバランスは良いが 基本的な代謝が低いことが多く、 その分、体調管理が難しかったり 筋代謝の低下も起こりやすく 老化によって筋肉が硬くなるのが やや早いと思われます。 ではどうするか? まず、運動経験

運動でうまくいく人いかない人 その2

StartFragment 前回の続きです。 身体に良いはずの運動、 何でも良いという訳ではありません。 では何をしたらいいのか? それは人によって違います。 まず考えなければいけないのは 運動の経験があるかということ。 運動の経験とは、部活やその他 同じ運動を一定期間ある程度のペースで 続けていたことがあるかどうかです。 また、特定の運動を していたわけではなくとも 長距離を歩いたり日常で 運動をこなしていた場合も同じです。 一定量の運動を週一回以上、 半年から1年以上続けていた方は その運動が出来なくなったとしても 使っていた筋肉が痩せて硬くなるだけで なくなってしまうわけではありません。 (これが運動をやめてしまった人に起こる トラブルの原因でもあるのですが・・・) ですので、 過去に運動経験のある方は その運動をベースに考えましょう。 水泳経験ありなら水泳、 野球経験ありなら野球と、 過去の経験を生かせるものを 選択するのがベストです。 しかし、水泳などは場所さえ確保できれば やる気次第でどうにかなりますが、 野球やサッカーのように人数が必要な スポーツは思い立ってもなかなかすぐに 行動という訳にはいきません。 そういう場合は 過去の運動で使っていたであろう筋肉を 動かすことができればOKなので 走るもよし、野球であれば 投げる真似だけでもOKです。 ただし、以前使っていた筋肉は ブランクが長ければ長いほど、 固まって動きづらく なっています。 そういう場所は急激な負荷をかけると 組織が壊れ怪我をすることになりますから 緩やかにあまり強い負荷をかけないように 始めるよう

運動でうまくいく人いかない人

StartFragment 皆さんは何か運動をしていますか? この内容は 運動やトレーニングの話が出る度 書いていることなのですが、 運動信仰がますます進む今のご時世 声を大にして言いたいので また書きます(笑) 人々の高年齢化が進み ただ長生きするという単純な話から いかに❝健康❞に長生きするかを考える ❝健康寿命❞などという言葉まで 使われるようになっています。 そこで取り上げられるのは 必ずと言っていいほど ❝運動❞ その内容は様々で 体操のように負荷の軽いものから トレーニング的な負荷の重いものまで 多種多様です。 対象年齢も比較的若い人から ご高齢の方向けのものまでいろいろ。 そこで皆さんに質問。 運動は身体に良いですか? 「そんなの良いに決まってる。」 「良いからやるんでしょう?」 そんなご意見の方、 多いんじゃないでしょうか? 正解は・・・・・ 良い そう、良いんです(笑) ではなぜあえて質問をしたかと言えば 「運動は身体に良い」というのは 運動なら何でも 良いというわけではない ということを 知っていただきたいからです。 以前書いたものと 被る部分も多いと思いますが 新年度もスタートしたということで 新たな気持ちで読んで頂ければと思います。 次回をお楽しみに。 EndFragment

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
口コミリピート率8割以上の信頼感!身体の悩み、痛みなどの改善サポートはプラスアールにお任せください。
〒206-0011 東京都多摩市 関戸4-10-9 聖ビル2F-B
  • Wix Facebook page
  • Twitter Classic
  • Google+ App Icon

© 2020 by Plus R 聖蹟桜ヶ丘の整体院 プラスアール 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now