プラスアール卓球部 活動・・報・・・告・・・・

StartFragment ついに・・・ついにこの時が来たッ! 1月以来、 毎週のように卓球はできるが 日程の合うものがなく・・・・・ 試合に出られないィィィッ! と、くすぶり続けていた。 そこに朗報ッ! 7月18日(火)という超ど平日に 参加できる試合があるとのこと(喜) 男女のペアで ミックスダブルス×1 シングルス×2(男女それぞれ) という団体戦のような試合形式。 正直ダブルスの経験は ほぼ皆無なので全く自信はないが、 出られるものには出たい。 参加登録をしてもらい ペアとなる人も見つけていただき 週1とはいえダブルスの練習もし 準備万端、当日、いざ試合会場へ! 会場は千駄ヶ谷・東京体育館サブアリーナ。 開場直後にもかかわらず 会場内はすでに練習を開始している人も。 自分以外に同じクラブから 3人の方が出場予定。 この状況では先に着替えて すぐに練習に入れたほうが 良いだろうと思い更衣室へ。 ちゃっちゃと着替えてゼッケンをつけ さぁ試合会場へGOッ! 皆さんどこかなぁと探すまでもなく 入口すぐのところにお三方を発見。 挨拶をすると・・・・・ 「あ、もうユニフォーム着てる! 気合入ってるね~。」 そらもう当然です、半年ぶりの試合ですから! しかし、次の瞬間、 私は驚愕するッッッ!! 「そんな気合入ってるとこ申し訳ないんだけど、 びっくりする報告がひとつ・・・・・。」 えっ、えっ、なんすか? 「4人全員参加登録されてないって。」 は? え? え~~~~~~~~~~~~~ッッッ!!? なんとしてあるはずの参加登録が されていないとのこと(泣) しばらくねじ込んでもらえないか

旅立ちの時

StartFragment なんだか窓の外が にぎやかだなぁと思ったら ということは近くに・・・ いたー 観察すること2週間 休みの間に 巣立っておりました。 立派な大人になるんだぞー。 EndFragment

久しぶりに・・・

StartFragment 今回は、 以前のブログにも書いた通り 夫婦そろってペアチケットを 頂いたこともあり チケット! 使わずにはいられないッ! というわけで、 聖蹟桜ヶ丘への移転から なんやかんや忙しくしていたのもあって なかなか機会を作れずご無沙汰となっていた 「夢と魔法の国」へ 久々に行ってまいりました。 丁度期間限定のイベント 「パイレーツサマー」 開始日のせいか、 平日だというのに かなりの盛況ぶり(汗) ただ、イベント初日ということで みなさんそちらに気がいっているのか 混んでいる割にアトラクションは 軒並み60~90分前後の待ち時間で 我慢できるレベルでした(笑) 我々はそこまでイベントに 興味無し派なので、 好みのアトラクションにレッツゴー。 まずは「タワーオブテラー」の ファストパスをゲット! そして新たに導入された? イベントや一部のショウの 座席抽選なるものにトライし 見事ビッグバンドビートの 指定席をゲット! それぞれの時間まで 今年新たにできた 「ニモ&フレンズ シーライダー」 (もうちょっと内容が充実してたら もっと良かったかも・・・) 内容が一新した 「マーメイドラグーンシアター」 (人件費削減なのか、機械と 映像が主体になってしまい ショウの要素が半減・・・残念・・・) を堪能。 時間がきたので、安定の楽しさ 「タワーオブテラー」へ。 (一度だけ出会った、 芝居っぽく案内してくれた キャストさんに会いたいが そういう人はなかなかいない。) 丁度時間だったので この日からスタートのショウ 「パイレーツサマー」をチラ見。 前の方の人に ばっしゃば

施術師として思うこと 最終回

StartFragment 前回の続き。 施術はもちろん、 患者さんに何かアドバイスした時、 それによって起きた変化を 確認するからこそ、 次の施術にそれを 活かしていけるのだ。 それが良い結果であっても 悪い結果であってもだ。 (悪い結果はない方が良いですけど・・) その結果を受け止めることこそ 「責任感」 だと思う。 以前、とある脳外科の先生を 取り上げた番組を見た。 その先生は言う、 「手術のたび強いプレッシャーを感じる。 自分が手術したことでその人が 命を落とすことになるかもしれない。」 凄まじいプレッシャーだと思う。 しかしその先に 患者さんを助けるイメージがあるからこそ プレッシャーをはねのけ病気に 立ち向かえるのではないだろうか。 そしてそれこそが強い 「責任感」 を生むのではないだろうか? 正直、そこまでの「責任感」を 必要とする仕事はあまりないだろう。 しかし医師をはじめ、 医療従事者、その他分野であっても 人の身体を診る仕事は、 大げさかもしれないが、 時にその人の生活を(良くも悪くも) 変える力を持っていると思う。 だからこそ慎重に、「責任感」をもって 施術にあたる必要があると思うのだ。 その為にはまず、 その症状に対して何がベストかを 考えなければならない。 自分の分野がベストだと思えば 自信とプライドをもって 自分にできることを一生懸命やる。 きっと良い結果につながるだろう。 しかし、曖昧な判断で、 自分の分野の施術を 押し付けるようなことがあってはいけない。 自らの分野の境界線を明確にし、 他分野のことを理解していれば、 その症状改善に、 最適な選択

施術師として思うこと その3

StartFragment 続きです。 私が他分野に求めるもの・・・ それは、 「責任感」 です。 もちろんこれは他分野の話だけでなく 整体・カイロプラクティックの分野もそうですし 無論、自分自身にも言えることです。 今回のケースもそうですが、 まず医師(整形外科)は 画像診断が主体になり過ぎて 患者に触れることもなく 現状の判断をする。 そこに手術の必要性が あるかないか? それを的確に判断するのが 外科の役割ですから 割り切って考えるなら それもありだと思う。 いやむしろそれこそが 真の整形外科の姿だと私は思う。 実際に整形外科分野では 腰痛患者の7割~8割が 思い込みによるものという 話がここ1~2年で出ている。 結局、画像診断できないものは 患者の思い込みだと言ってしまったのだ。 そこまで言うなら 画像診断ができないもしくはできたとしても 手術や外科的処置(注射や薬の処方)の 提案をしないものに手を出すのは 「無責任」 というものだ。 しかもその先は 自分で診る訳でもないのに 「リハビリ」 と言って通わせる。 そもそもこの 「リハビリ」 という言葉の使い方自体がおかしい。 「リハビリテーション」とは あくまで 「機能回復」を目的としたものであり 本来の意味は「治療」ではない。 手術や病気によって 本来の機能が低下もしくは 失われてしまった場合 その機能を回復させるのが 「リハビリテーション」だ。 先日もTVに リハビリテーション専門病院の 理事をやっている リハビリテーション専門医 という方が出演されていた。↓ 初台リハビリテーション病院 http://www.hats

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
口コミリピート率8割以上の信頼感!身体の悩み、痛みなどの改善サポートはプラスアールにお任せください。
〒206-0011 東京都多摩市 関戸4-10-9 聖ビル2F-B
  • Wix Facebook page
  • Twitter Classic
  • Google+ App Icon

© 2020 by Plus R 聖蹟桜ヶ丘の整体院 プラスアール 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now