判定 あなたならどうする?

StartFragment どんな競技にもルールがあります。 スポーツはもちろん、 将棋やチェス、 ゲームにだって ルールはあります。 そのルール違反や勝敗を 見定めるのが、そう 「判定」 です。 こと話題に上ることが多いのは スポーツの審判による判定でしょう。 ここ数年、ビデオによる判定も 増えてきているものの、 まだまだ人間の目による 判断に頼るスポーツが多い のが現状です。 まぁ人がやってるからこその 面白さというものもあるとは 思うのですが・・・ しかし、そこで問題になるのが 「誤審」 というやつです。 古くはサッカー・マラドーナの 「神の手」 日本人としてはシドニーオリンピック 男子柔道の篠原信一さんの 「幻の金メダル」 あたりが有名でしょうか。 そして先日も ボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ 村田 諒太 VS アッサン エンダム においてその判定が問題になりました。 決して「誤審」ではないのでしょうが 納得いかない人が多かったこの判定。 なんせ、主催であるWBAの会長までが その判定にいちゃもんをつける始末・・・ まぁ実際に観ていて 村田が終始優勢だったのは確かですが 手数があまりに少なかったのも事実。 難しい判定だったとは思います。 しかし手数が多ければ 勝ちというのもおかしな話。 柔道なんかでは 決める意思のない技を出し続けると 「かけ逃げ」 といわれ相手にポイントが入ります。 やはり大事なのは 数よりもそこに有効性があるかどうか ということなのではないでしょうか。 そしてそれを見極めるのが審判の仕事。 もちろんプロですから 「魅せる」部分も大事。 し

骨は丈夫?後編

StartFragment 今回は じゃあどうすればいいんだカルシウム ということで、考えていきます。 前回もお話しした通り ただただカルシウムを摂るだけでは それが骨に直結というわけではありません。 しかも摂るだけ摂って それがちゃんと使われない状況が続くと、 逆に尿に排泄され 結石の原因になることもあります。 そう、ポイントとなるのは 摂ったら使う ということなんです。 使う?どうやって? そもそもカルシウムの役割とは何でしょう? 基本的には 骨や歯の形成が大半を占めていますが 血液凝固や神経伝達、細胞機能などでも 使われています。 そして、 摂ったら使う ここで一番重要なのが 筋代謝と骨刺激です。 要は運動ということになるのですが、 運動時の筋伸縮(収縮時)に カルシウムが必要不可欠で さらに運動によって骨に刺激が加わることで 骨形成が促されます。 そうすることで体内の カルシウムが必要量使われ、 摂取したカルシウムが循環、吸収されます。 また、カルシウム吸収の効率を上げるには ビタミンDとビタミンKが有効とされています。 ちなみにビタミンDはしらすや鮭、 ビタミンKは納豆・チーズ、 ほうれん草やキャベツなどに 含まれています。 骨を大事にしたい方は 適度な運動をしながら バランスの良い食事を 心がけてみてください。 あ、でも運動のし過ぎには注意です。 過剰な運動負荷は、体内のカルシウムを 使い過ぎてしまい、逆に骨からカルシウムを 奪ってしまうことがあります。 何事もバランスが大事なんですね。 EndFragment

骨は丈夫?

StartFragment 唐突ですが皆さん、 「骨」には自信がありますか? 自身のありなしにかかわらず ひとつの目安として 「骨密度」 というものがあります。 おそらく検査を受けたことが ある方も多いのではないでしょうか? 基本的には X線や超音波を使って 検査されるもので、 超音波検査の場合 若年成人平均値を基準に、 その数値が70%未満に なってしまうと・・・・・ 骨粗鬆症 に分類されてしまいます(泣) そうなる前に何か対策を・・・ そこでよく聞くのが 「骨にはカルシウム! カルシウムをたくさん摂ろう!!」 という話。 実はここに 大きな勘違いがあるのです。 「え、だって骨にはカルシウムでしょ?」 と思った方、 確かにカルシウムは大事なのですが、 ただそれを摂っただけではだめなんです。 最悪身体に悪い影響が出ることも・・・ 次回後編、 じゃあどうすればいいんだカルシウム でお会いしましょう。 EndFragment

GWの過ごし方

StartFragment 今年のGW、 皆さんはどう過ごされましたか? 私は、 数年ぶりに 中学から付き合いの続く 人たちに会ったり、 20数年ぶりに 高校の後輩に会ったり、 妻のご実家で 美味しい物をいただいたり、 自宅で 録りためていた映画を観たり、 日本橋に出かけてみたりと、 そこそこに充実した GWの過ごし方が できたんじゃないかと思います。 コラムも GWということで お休み気味な 内容で書いてみました(笑) 次回はちゃんと書きます(汗) EndFragment

噂の「タイムトラベラー」?

StartFragment 一人で美術館というのは なかなか行かないのですが、 自宅近くの府中美術館で ちょっと興味のある作品展を やっているということで 観に行ってまいりました。 歌川国芳 21世紀の絵画力 最近、 「浮世絵にスカイツリー」 で話題になったあの方でございます。 しかしそんな話題性など 無用とも思えるその絵力は 普段、美術に触れることのない者をも 引き込んでしまいます。 浮世絵と言えば北斎ですが それを観た時の感覚を 「おおー」 とするならば、 国芳を観た時の感覚は 「うわぁー」 です(笑) 説明するのは難しいのですが、 簡単に言うなら 観ていて楽しい、 何かわくわくする感じなんです。 江戸時代の作品でありながら 現代の漫画に通ずる雰囲気があり、 そのデザインや緻密な描写は 観ていて驚きすら感じます。 特に私が引き込まれたのは 「色彩」 本当に鮮やかで それでいてうるさくない。 その中でも 青の色味が私は好きでした。 また、動物を擬人化した作品が多く これも見ていて飽きない 面白さがありました。 特に猫好きの方は必見ですよ。 興味のある方はぜひッ! EndFragment

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
口コミリピート率8割以上の信頼感!身体の悩み、痛みなどの改善サポートはプラスアールにお任せください。
〒206-0011 東京都多摩市 関戸4-10-9 聖ビル2F-B
  • Wix Facebook page
  • Twitter Classic
  • Google+ App Icon

© 2020 by Plus R 聖蹟桜ヶ丘の整体院 プラスアール 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now